ごまかさずに生きていく

ダイエットに有酸素運動は必要か論争に終止符を。ジョギングよりも大事なのは食事管理?

WRITER
 
ダイエットに有酸素運動は必要ない
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡でパーソナルトレーナーとして活動。専門学校を卒業後フリーランスの世界に入り8年。同期や後輩たちの近況を聞くたびに「トレーナー辞めた」の報告に心を痛める。 パーソナルトレーナーを一生涯続ける事は出来ないのか?そのモデルケースとなるべく日々模索中。 「生涯パーソナルトレーナーであるためにも、パーソナルトレーナーで生計を立てない。」その取り組みとしてブログを始めました♪
詳しいプロフィールはこちら

どうも!

福岡市内でパーソナルトレーナーとして活動する

YOLO 原田 直生(nao) です( ̄∇ ̄)

 

もう何年も前から繰り広げられているこの

『ダイエットに有酸素運動の必要か否か』論争。。

 

結論から言いますと…

ダイエットに有酸素運動は、そこまで必要じゃない!

 

はい、ちょっとにごしてますね。笑

でもまあこれが事実。そのあたりを解説していきます!

 

スポンサーリンク



 

 

動画で確認する

6分程度でサクッと解説しています!

 

YouTubeではトレーニングやダイエット、カラダの構造などに関して動画をシェアしています!

チャンネル登録をすると最新動画が届きますのでぜひご登録ください♪

チャンネル登録をしてくださった方には

もれなく泣いて夢に出ます(T_T)。。

 

 

ダイエットに有酸素運動が必要ない理由

これが最大のポイント。

「有酸素運動を30分すると痩せる」と唱える人に知っててほしんですが、

有酸素運動ではたいしてカロリー消費できません。

 

 

「おいおい、そんなバカな。こちとら信じて30分ジョギングしてんだよ」

と言うお怒りを鎮めるためにも数字でお伝えします。

 

消費カロリーは以下の式で簡単に計算することができます。

消費カロリー計算式
消費カロリー = METs×時間(h)×体重(kg)×1.05

 

「おいおい、METsってなんだよ」

と火に油を注ぐことになり兼ねませんのでMETsについて少しだけ。

 

METsとは身体活動の強度を表した指数だと思ってください。

厚生労働省が2013年に発表した「健康づくりのための身体活動基準2013」というものがあり、こちらに日常生活や各種の運動の強度を発表しているものがあります。

参考までにですが、

  • ストレッチ(2.5METs)
  • ゴルフ(3.5METs)
  • 早歩き・ラジオ体操(4METs)
  • ウエイトトレーニング(6METs)
  • ジョギング(7METs)
  • キックボクシング(10METs)

などなど。

 

 

そこで先ほどの計算式に戻りまして、もしも体重60kgの人が30分間ジョギングをしたと仮定しましょう。

その場合の計算式というのがこちら。

体重60kgの人が30分間ジョギング(7MEts)をした場合
消費カロリー = 7×0.5×60×1.05

A. 消費カロリー=221kcal

 

 

「おいおい、221kcalってどんなもんか分かんねーぞ!」

と言う鳴りやまないヤジにトドメをさします。

 

体脂肪1kgを消費するためには

約7000kcalの消費が必要です。

 

「…」

 

分かりますか?7000kcalですよ?!

何分ジョギングしますよ?果てし無くないですか??

 

もちろん1回の運動で1kgの体脂肪を落とそうなんて考えてるわけじゃないでしょうが、それでも220kcalなんて食事したら一瞬で摂取してしまいます。

 

要するに、有酸素運動で体脂肪を落とそうとするのは非効率すぎるのです。

 

イメージでいうと、浴槽にお湯を溜めながらコップで水をかき出している感じ。

いやいや、追いつきませんやん。

だったらもっとやるべきことがありません?

 

ひとまず蛇口を閉めましょうよ!!って話し。

 

有酸素運動する前に食事管理をしよう

どれだけ有酸素運動を頑張ろうと、摂取するものがオーバーしてればいつまでたっても痩せることはありません。。

ダイエットをする上で最も重要なのは運動よりも先に食事の管理です。

単純な話ですが、不摂生して太った人は食生活を見直し改善するだけでも痩せます。だって太る努力をしなくなるから。

もちろん緩やかに時間をかけながらの変化にはなりますが、それだけ食事が大きく関わっているということなんです。

 

お食事に関して詳しくはこちらの記事にも書いていますので参考にしてみてください!

 

筋トレの方が有酸素運動より100倍大事

ダイエットするためにジムに通い始めました!

ランニングマシンでめっちゃ頑張って走ってます!

 

いや…いいんですよ。。いいんですけど、、

それじゃあ痩せないんですよ。。

 

せっかくジムに通ってても筋トレしてない人って結構多い!!

よく耳にします。

 

なんとももったいない。。

運動で優先すべきは有酸素運動ではなく筋トレだというのに。。

 

筋トレをすることでのメリットはシルエットが整うこと、そして一次的にエネルギーを蓄えるタンクが大きくなることなんです。

タンクから溢れるエネルギーは、そのままではどこにも止めることができないため「貯蔵」というカタチで体脂肪へと変わり身体に蓄えていきます。

ですがそのタンクが大きければ大きいほど、一次的に蓄えられる量が増えるため体脂肪に変わる量を少なくさせることができるのです。(筋肉に蓄えられている間に運動してしまば、エネルギーとして体外へ放出され体脂肪に変わらずに済みます)

先ほどのお風呂の例えに戻りますが、有酸素運動とは浴槽に溜めているお湯をコップでかき出すような作業と同じことだと言いました。

食事はお湯が出ている蛇口のことで、そこまず閉めようねという話し。

では筋トレは??

筋トレを頑張れば、水をかき出すコップがコップから洗面器に、洗面器からバケツにと大きくなるイメージ。

しかも筋肉は数回トレーニングしたからってつくものでもありません。

長期的に取り組んでいく必要があるからこそ、早めに始めるべきなのです。。

 

まとめ

ダイエットにおいて有酸素運動はそこまで必要ないということ。

(やってはダメということではなく、やらないよりはやった方がいいですが非効率だという話です)

最も大切なのはお食事を管理すること、そして筋トレを頑張ること。

そこに付け足す程度の気持ちで有酸素運動を取り組んでいただけたら幸いです。。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡でパーソナルトレーナーとして活動。専門学校を卒業後フリーランスの世界に入り8年。同期や後輩たちの近況を聞くたびに「トレーナー辞めた」の報告に心を痛める。 パーソナルトレーナーを一生涯続ける事は出来ないのか?そのモデルケースとなるべく日々模索中。 「生涯パーソナルトレーナーであるためにも、パーソナルトレーナーで生計を立てない。」その取り組みとしてブログを始めました♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TRICKMOTIONS. , 2019 All Rights Reserved.