ごまかさずに生きていく

背中トレーニングは難しい!?背中に効かせるための極意は肘の意識にあり!背中に効かせる方法

WRITER
 
背中のトレーニングが苦手な理由
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡でパーソナルトレーナーとして活動。専門学校を卒業後フリーランスの世界に入り8年。同期や後輩たちの近況を聞くたびに「トレーナー辞めた」の報告に心を痛める。 パーソナルトレーナーを一生涯続ける事は出来ないのか?そのモデルケースとなるべく日々模索中。 「生涯パーソナルトレーナーであるためにも、パーソナルトレーナーで生計を立てない。」その取り組みとしてブログを始めました♪
詳しいプロフィールはこちら

インスタグラムアカウントYouTube チャンネル登録ボタンTwitter登録ボタン

SNSやってます。よかったら覗いてみてください♪

 

どうも、福岡で活動するパーソナルトレーナーの原田です。

背中のトレーニングに苦手意識持ってる人多いですよね(T T)

普段指導しててもココでつまずく方が多い。。

 

そこで今回は背中トレーニングの『極意』をご紹介します!

背中に「効く」と、間違いなくトレーニングの虜になりますよ( ̄∇ ̄)笑

 

 

スポンサーリンク



 

 

動画で確認する

5分半ほどの動画です。

 

 

YouTubeではトレーニングやダイエット、カラダの構造などに関して動画をシェアしています!

チャンネル登録をすると最新動画が届きますのでぜひご登録ください♪

 

それでは改めて〜。

 

 

背中のトレーニングが難しい理由

そもそも、なぜ背中のトレーニングって足や胸と違って「使っているかどうかが分からない」のでしょうか??

その理由というのがズバリ、握って・引くから。

背中のトレーニングが苦手な理由

 

よくある背中のトレーニングでワンハンドローイングベントオーバーローイングという種目があります。

 

 

ご覧の通り、これどちらもダンベルを「握る」必要がありますよね。。

まずこの握るという動きは前腕の役割であり、そもそも背中は一切関係ないわけです。

背中のトレーニングが苦手な理由

ですが…引くという動作をする以上、ダンベルを握っておかないと負荷がかからないのも事実。

だからこういったパワーグリップを使ってる人を見たことないですか??

背中のトレーニングが苦手な理由

このパワーグリップを使えば「握る」を省くことができるというわけです。

 

 

ではこのパワーグリップを持っていないと背中へ効かせることができないのか??

いいえ、ご安心ください。もっと簡単かつ重要なポイントがあります。

 

背中トレーニングの極意は肘だ!

握る引くを避けては通れない背中のトレーニングにおいて、背中の筋肉へとしっかり効かせるために重要なこと…

それは「肘で押す」という意識!!

背中のトレーニングが苦手な理由

コレがめちゃくちゃ重要なんです!!

 

腕で引っ張るのではなく、肘で押す!

握って引っ張るのではなく、肘で押す!!

 

背中のトレーニングが苦手な理由

ウソだと思うかもしれませんが、この意識だけで本当に劇的に変わります( ̄∇ ̄)

 

ただし肘で押すといっても、押す対象物がないとイメージしにくいですよね。。

(目の前の空気をグッと押して!!って言われて力込めれる人はいないはず)

 

そこで!!ぜひお近くのパートナーに肘に手を当ててもらいましょう!!

背中のトレーニングが苦手な理由

おっさん二人は絵がキツい

 

そうすると「押す」のイメージがものすごくわかりやすくなります!

背中のトレーニングが苦手な理由

パーソナルトレーナーが普段の指導の時から使う手法ですから、間違いありません。笑

 

パートナーがいないという方は…

隣でトレーニングしている人に声をかけて手伝ってもらいましょう!

トレーニングしてる人たち同士ってけっこう仲良くなれますよ( ̄∇ ̄)

(そしてあなたもお相手の肘をサポートしてあげてくださいね♪)

 

 

まとめ

いかがでしたか?

解剖学的な観点からトレーニングを見ると、なぜ難しいのか?どうしたら効かせやすいのか?なんてことまで分かるものです。ぜひ今回の極意をまわりの方と共有してみてください( ̄∇ ̄)

 

 

オンライン上であなたにあったメニュー作成を行っています!詳しくはHPをご覧ください!!

 

インスタグラムアカウントYouTube チャンネル登録ボタンTwitter登録ボタン

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡でパーソナルトレーナーとして活動。専門学校を卒業後フリーランスの世界に入り8年。同期や後輩たちの近況を聞くたびに「トレーナー辞めた」の報告に心を痛める。 パーソナルトレーナーを一生涯続ける事は出来ないのか?そのモデルケースとなるべく日々模索中。 「生涯パーソナルトレーナーであるためにも、パーソナルトレーナーで生計を立てない。」その取り組みとしてブログを始めました♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TRICKMOTIONS. , 2020 All Rights Reserved.