ごまかさずに生きていく

TRICKMOTIONS.

大好評! 美姿勢BOOKの詳細はこちら!

トレーナー向け『note』詳細はこちら

ふくらはぎ・足首が硬い人は『ヒップアップ』ができない人。チェック方法はコレだけ!!

WRITER
 
足首・ふくらはぎ硬いとヒップアップできない
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡でパーソナルトレーナーとして活動。専門学校を卒業後フリーランスの世界に入り8年。同期や後輩たちの近況を聞くたびに「トレーナー辞めた」の報告に心を痛める。 パーソナルトレーナーを一生涯続ける事は出来ないのか?そのモデルケースとなるべく日々模索中。 「生涯パーソナルトレーナーであるためにも、パーソナルトレーナーで生計を立てない。」その取り組みとしてブログを始めました♪
詳しいプロフィールはこちら

インスタグラムアカウントYouTube チャンネル登録ボタンTwitter登録ボタン

SNSやってます。よかったら覗いてみてください♪

 

 

ピン・ポン・パン・ポォ~ン ♪

“日頃より、ヒップアップのためにお尻トレーニングを頑張る皆さまへお知らせ致します。”

それ、足首硬ければ全然効いてないかもよ?

 

 

 

どうも、福岡で活動するパーソナルトレーナーの原田です。

オンラインダイエットコーチングもしてます( ̄∇ ̄)

 

今回は桃尻を夢見るみなさまへ届けたい、

足首(ふくらはぎ)とヒップアップの関係性についてご紹介します!!

 

それでは行ってみましょう!!

 

スポンサーリンク



 

 

動画で確認する

4分ほどの動画です

 

 

YouTubeではトレーニングやダイエット、カラダの構造などに関して動画をシェアしています!

チャンネル登録をすると最新動画が届きますのでぜひご登録ください♪

 

それでは改めて〜。

 

 

腓腹筋とヒラメ筋が足首の硬さに影響する

ヒラメ筋 腓腹筋 足首 筋肉

毎回のようにお話ししていますが、、

こちらが腓腹筋ヒラメ筋です。

どちらもアキレス腱となりカカトに付着します。

 

カカトにつくということは足首の関節をまたいでついていますので

この腓腹筋・ヒラメ筋の伸び縮みが=足首の動きとなってきます。

 

腓腹筋・ヒラメ筋の違いってなに?って方はこちらの記事を合わせてご覧ください↓

 

 

腓腹筋・ヒラメ筋が硬くなれば、必然的に足首の動きも悪くなることが分かりますね。

足首の可動性とむくみの関係性の記事もご興味あれば↓

関連記事:下半身のむくみは足首の硬さが原因!?

 

 

現状のヒップアップできるか度をチェック

まずはお尻の筋肉が随意的に(意識して)縮めることができるかのチェックです!!

足首硬いとヒップアップできない

うつ伏せに寝転がりまして…

①片足を持ち上げる

②その時あげた側のお尻に収縮感(ぎゅーって感覚)が出るか

 

 

この時点でお尻に感覚ない人は…アウトです。。

どれだけ頑張ってお尻のトレーニングしてもお尻に効いていないと思ってください。

 

あげた側のお尻以外の場所にも収縮感(ぎゅっ)を感じた方で

ふくらはぎに感覚があった方は…腓腹筋・ヒラメ筋の硬さが原因でヒップアップできない方です。

お尻まで力が到達せずにふくらはぎが補い過ぎていると思ってください。。

 

 

足首・ふくらはぎが硬いとヒップアップできない理由

ご覧のように、ふくらはぎもお尻も「カラダの背面」に位置していますよね。

足首硬いとヒップアップできない

いわゆる「同じ面上の筋肉たち」なわけです。

 

だだし、ついている場所が違うため、役割は違います。

 

お尻の役割

お尻の筋肉(大臀筋)は股関節をまたぐ筋肉です。

分かりやすくいうと股関節の動きを任されています。

その股関節の動きとは足を後ろへと動かす「伸展」という動作。

大臀筋の役割

背面にあるお尻の筋肉がギュッと縮めば、足が後ろへと「伸展」するのはなんとなくイメージがつくかと思います( ̄∇ ̄)

 

 

ですので先ほどのチェック動作では股関節が伸展しているのでお尻をギュッと使えていないといけません。

足首硬いとヒップアップできない股関節の伸展=お尻ギュッ!

 

 

ふくらはぎの役割

一方で、ふくらはぎは足関節をまたぐ筋肉です。

要するに足首の動き担当者さんです。

その「足首の動き」というのが足関節の底屈運動。

下腿三頭筋の役割

つま先が下がるような動きを底屈と言います。

この底屈をギュッっ!!と頑張ると、ふくらはぎがつっちゃいますよね?

あれはこのヒラメ筋・腓腹筋をギュッと硬く縮むからなんです。。

 

 

そしてこのふくらはぎの筋肉が過剰に硬くなっている人は、歩行時でもなんでも優先的に足関節を動かして動作を行おうとしてしまいます。

ほら、歩幅が狭く、カカトが着地せずに歩いてる人…よく見かけませんか??

 

あれは正に股関節よりも足関節の方が優位になっているという状態。

ふくらはぎが過剰になってお尻を使わなくなるという状態なんです。

足首硬いとヒップアップできない

 

そんな状況を改善するには?

大事なことは2つ。

  • ふくらはぎを柔らかくし足首の可動域を広げること
  • 使いにくくなってるお尻を刺激し股関節の伸展を促すこと

 

ふくらはぎを柔らかくする

まずはふくらはぎに十分な柔軟性を出すためにストレッチを行いましょう!!

 

 

 

ストレッチは伸びてる実感がある位置でじんわり20秒間ホールドしましょう!

 

お尻を刺激する

続いて股関節伸展の動きを行いながらお尻のエクササイズを行いましょう!

 

左右それぞれ10回を2セットは頑張ってみてください!!

 

ストレッチ&エクササイズをしたら…

すかさず再度お尻が使えているかのチェックをしてみましょう!!

足首硬いとヒップアップできない

ほら、先ほどよりもお尻がギュってなるの分かりますか??

この状態でお尻の筋トレをしたいですよね( ̄∇ ̄)

 

 

まとめ

いかがでしたか??

カラダのつながりって面白いですよね( ̄∇ ̄)

『ヒップアップしたい←お尻の筋トレ』 というアプローチではなく、、

『ヒップアップできない原因←足首の硬さふくらはぎのストレッチというアプローチができて初めて効果的なお尻トレーニングに繋がりますので頑張ってください( ̄∇ ̄)

 

 

健康的に理想のカラダを手に入れたい方はオンライン上にてダイエットコーチングを行っています!

1ヶ月間のプログラムの詳細はこちらの動画をご覧ください( ̄∇ ̄)

 

 

無料カウンセリングもあります。詳しくはHPをご覧ください

 

また、あなたのカラダの状況に合わせたメニュー作成のサービスも行っています( ̄∇ ̄)

詳細はHPをご覧ください!

 

インスタグラムアカウントYouTube チャンネル登録ボタンTwitter登録ボタン

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡でパーソナルトレーナーとして活動。専門学校を卒業後フリーランスの世界に入り8年。同期や後輩たちの近況を聞くたびに「トレーナー辞めた」の報告に心を痛める。 パーソナルトレーナーを一生涯続ける事は出来ないのか?そのモデルケースとなるべく日々模索中。 「生涯パーソナルトレーナーであるためにも、パーソナルトレーナーで生計を立てない。」その取り組みとしてブログを始めました♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TRICKMOTIONS. , 2020 All Rights Reserved.