ごまかさずに生きていく

TRICKMOTIONS.

大好評! 美姿勢BOOKの詳細はこちら!

トレーナー向け『note』詳細はこちら

可変式ダンベルMotions(モーションズ)を実際に使って見てのメリット・デメリットを忖度なしにレビューします

WRITER
 
motins モーションズ 可変式ダンベル
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡でパーソナルトレーナーとして活動。専門学校を卒業後フリーランスの世界に入り8年。同期や後輩たちの近況を聞くたびに「トレーナー辞めた」の報告に心を痛める。 パーソナルトレーナーを一生涯続ける事は出来ないのか?そのモデルケースとなるべく日々模索中。 「生涯パーソナルトレーナーであるためにも、パーソナルトレーナーで生計を立てない。」その取り組みとしてブログを始めました♪
詳しいプロフィールはこちら

Motions(モーションズ)可変式ダンベルを使ってみての良い点・悪い点をレビューします!!

 

どうも!福岡市でパーソナルトレーナーとして活動する原田です( ̄∇ ̄)

以前にこんな記事を書いたのですが…

この時に2位でご紹介していた可変式ダンベルのMotions(モーションズ)さんがたまたま記事をみてくださり、それならと試供品をご提供してくださいました!!

ありがとうございます。ありがとうございます。

 

ということで今回は可変式ダンベルMotions(モーションズ)のレビューをいたします!

忖度なしでいきましょう!!!

 

スポンサーリンク



動画で見てみる

10分もしゃべってますスミマセン。

 

「10分も時間ねーよっ!!」 って方は活字でどうぞ。。

 

可変式ダンベルMotions(モーションズ)のメリット

それではMotions(モーションズ)の良いところを見ていきましょう!!

 

可変がとにかく手軽でスピーディー!

筋トレは種目ごとに扱う重さも様々。。

従来のプレート付け替え式タイプだと、毎回プレートの付け外しがめちゃくちゃ面倒でした。。

…が、可変式は違います!!

Motions(モーションズ)のダンベルは両端にダイヤルがついており、

このダイアルを回すことでいともカンタンに重さを変えることができるのです!!

モーションズダンベルレビュー

両端にあるよ

 

本当にとにかくコレが一番の魅力( ̄∇ ̄)♪

めちゃめちゃ楽ですもん。もうプレート付け替え式には戻れないです。。

 

ダイヤルにはそれぞれ数字がふってあり、その数字のkg数に合わせることで簡単に重さの変更が可能。革命的ですよ本当これ。

 

重りの調整が15段階にセット可能

さらに。

その数字というのが15段階あり、細かな重量設定までできるというのがまた魅力なのです。

一番軽いのが2.5kg~MAX24kgまで。3秒で変えれます。

 

足の筋肉などは10kg単位の変化でも対応可能ですが、、

腕や小さな筋肉は1kgの変化でも大きな違いに。。

15段階もの変化を加えられるということはより適正な重量でトレーニングをすることができるわけで、より効果的な筋トレができるということですね♪

 

ちなみにダイアルはダンベルを持ち上げてしまったらロックがかかるように設定されています。

ですのでトレーニング中に誤ってダイヤルが回ってプレートが落ちちゃった、、なんてハプニングは起きません( ̄∇ ̄)

 

収納スペースが小さくて便利

プレート式の場合、、

セットしていない時のプレートはそこら中に散らかったまんまに…

 

ですがこの可変式のMotionsのタイプだと小規模のスペースがあればOK!!

というのも、専用のトレイ?があり、そこにプレートが立つように並んでいます。

 

モーションズダンベル

こんな感じ

 

もちろんこのトレイ?的なものはダンベルとセットでついてきますのでご安心を!

 

 

 

 

可変式ダンベルMotions(モーションズ)のデメリット

忖度なしって言ったでしょ。

ではデメリットについてです。。

 

とにかくダンベルが長い

従来、ダンベルは小さい重りであばあるほどダンベルのサイズも小さいわけです。

しかしMotions(モーションズ)ダンベルは可変式がゆえに長さが変わりません。

最小単位の2.5kgで、MAXの24kgでも同じ長さなのです。。

 

モーションズダンベル デメリット

ご覧の通り、、長いのです

 

ダンベルが長いことでのデメリットというのが、種目によっては邪魔になるということ。

 

例えば四つ這いで行うキックバックなどでは、肘を伸ばす際にダンベルが床に当たってしまったり、、

motions デメリット

例えば縦にして行うワイドスクワットなどでは深くまで十分にしゃがめなかったり、、

ダンベル 可変式 デメリット

 

こういう機能面での工夫が必要となります。

 

戻すときが…難しい

これ、特に10kgをつけた時に感じたのですが、ダンベルを戻す時に「真上」からきっちり入れてあげないとスムーズにいかない!

プレートとプレートの間にキレイにダンベルを下ろす必要があるので、ちょっとスムーズにいかない時がありました。。

慣れれば良いんでしょうが、、最初のうちは「あれ?、あれ?」ってなります。笑

 

とは言っても、これだけのメリットがある中で目をつぶれないほどのことでもないかなと。

とにかく面倒になってトレーニングを放棄することが最も悲しい結果となりますので、、

これだけスピーディーに負荷調節もできて、収納スペースも小さくて済むMotions(モーションズ)ダンベル、持っててそんはないですね( ̄∇ ̄)

 

Motions(モーションズ)のお値段

ダンベル1つの単品から購入も可能ですが、、

どう考えても2つあったほうがトレーニングしやすいですのでおすすめはこちら↓

motions モーションズ 可変式ダンベル

24kgダンベル2個セットが29800円!!(ダンベル単品なら16800円)

送料も無料で3万を切るのは正直めちゃめちゃお得です。

しかもメーカー保証が1年間ありますので、初期段階での不具合があれば安心してメーカーに問い合わせができます!

(ネットで買う上でこれはありがたいですよね。。)

 

ちなみにMAX40kgまであるタイプのダンベル2個セットなら

お値段49800円!!(でも家でそこまでなくても良いかもです)

 

公式ページリンクを貼って起きますので覗いて見てください!

ダンベルスタンドなどのセット価格についても公式ページよりご確認いただけます!

 

まとめ

いかがでしたか??

自宅でトレーニングをするならダンベルは必須。

その中でも可変式タイプのMotions(モーションズ)はおすすめですよ♪

(原田の中ではベスト2です)

 

その他のおすすめダンベルを見たい方はこちらの記事をご覧ください。

 

Motionsダンベルについてよく来るご質問に回答したアンサー動画はこちらです!

 

 

 

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
福岡でパーソナルトレーナーとして活動。専門学校を卒業後フリーランスの世界に入り8年。同期や後輩たちの近況を聞くたびに「トレーナー辞めた」の報告に心を痛める。 パーソナルトレーナーを一生涯続ける事は出来ないのか?そのモデルケースとなるべく日々模索中。 「生涯パーソナルトレーナーであるためにも、パーソナルトレーナーで生計を立てない。」その取り組みとしてブログを始めました♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TRICKMOTIONS. , 2020 All Rights Reserved.